温泉旅行と温泉のタイプ続き

温泉旅行
Pocket

また、実際に行った方の日記なども読むことができますから、興味のある方は参考にしてみると良いでしょう。
しかし、観光地ではないため、道路なども整備されていないので、そこまでたどり着くためには、山の知識も必要です。
さらに、装備なども必要になるところが多いので、温泉旅行で気軽に行けるわけではありません。
温泉旅行で、このような場所に行きたい場合は、野湯に精通した人にガイドを頼むと良いでしょう。
このようなアウトドアの温泉、とても素敵だと思いますが、実際、入ってみたいかと言えば、私は、こうした大自然の中の温泉が苦手です。
虫が飛んでいたり、お湯に行くまで、足場が悪かったり、そうした温泉は、なるべくなら遠慮したいと思っていますがが、私のような人と反対の方は、むしろ、人の手が加えられていない野湯を好む方もいらっしゃいます。
私は循環湯であっても、品の良い旅館の温泉に入りたいと思っています。
ですが、私の母は、野湯のようなお風呂が大好きだと言っていました。
一度だけ、母に付き合って、川の端に、人工的に岩で作られた湯船らしき温泉に入りましたが、いろんな虫も飛んでくるし、川は流れているし、私は落ち着かず、とても温泉を楽しんだとは思えませんでした。
ですから、このように、人の好みは温泉にも出るということが良くわかりますよね。
本当に、温泉旅行を楽しみたいのなら、企画の段階から、好きなタイプの温泉を探すことです。
ストレスなく、自分の好きなタイプのお風呂に入れることが一番の幸せですよね。

関連記事
  • No Image

    温泉旅行と生理その4

    それに、付き合いだしてまもないカップルでしたら、彼には、余計に言えませんよね。そんなときは、「気分が悪い」とか、「体調悪いので湯あたりしそう」とか、本当のことは ...

    2019/09/03

    温泉旅行

  • No Image

    温泉旅行と生理その2

    学校の保健体育で、お風呂に浸かっている際は、血液が流れ出ることはないと習いました。ですから、湯船の中では大丈夫だと思いますが、湯船から一歩出てしまえばわかりませ ...

    2019/09/03

    温泉旅行

  • No Image

    温泉旅行と生理その3

    あらかじめ、タンポンを使用していて、そのままお風呂場に行くのでしたらよいですが、脱衣所では生理であることは他の人にはわからないほうがよいです。生理の方が温泉に入 ...

    2019/09/03

    温泉旅行

  • No Image

    温泉旅行なら近場の湯河原その6

    また、温泉旅行だけでなく、ちょっとドライブがてらに、温泉を楽しむなんてことも良いですよね。温泉旅行と言うと、どうしても準備や予約などが面倒に思えますが、近場でし ...

    2019/09/03

    温泉旅行

トラックバック
トラックバックURL