温泉旅行なら近場の湯河原その3

温泉旅行
Pocket

数もありますし、効能もさまざまなお湯があるので、足湯から足湯で渡り歩き、各足湯を楽しんでみてください。
湯河原温泉の宿に泊まっていても、日中はこうして散歩をしながら、外の温泉も楽しむことが出来ますね。
そえから、「こごめの湯」です。
これも万葉公園の中にある温泉で、町営の温泉となっています。
ここは、休憩所もあり、施設が充実しているので、お風呂に入ったり休憩室でくつろいだり、時間をかけて楽しむことができます。
そして、こごめの湯に設置されているシャワーは、なんと温泉なのです。
温泉旅行先でも、シャワーは真水を使っている施設も多いですので、これも貴重ですね。
ですから、入浴してから、最後に温泉のシャワーでシメと行きたいですね。
「ゆとろ嵯峨沢の湯」は、湯河原の駅から少し離れた場所にあります。
高台にあるので、景色がとても良く、相模湾が見えます。
ちょっと変わった洞窟風呂や、大滝の湯など、スパのような湯船が楽しめる場所です。
魚料理などを楽しめるレストランがあり、日帰り入浴と食事、両方が可能です。
温泉旅行で、食事なしの宿泊をする方は、ここでのお魚料理がお勧めです。
湯河原温泉の「おんやど恵」は、江戸情緒を感じさせるように作られています。
近代建築なので、とても快適ですが、情緒だけは大昔のようなつくりです。
お風呂となると、なんとなく江戸時代というイメージを、私は持っていますので、雰囲気は、ぴったりなのかなと思っています。

関連記事
  • No Image

    温泉旅行と生理その4

    それに、付き合いだしてまもないカップルでしたら、彼には、余計に言えませんよね。そんなときは、「気分が悪い」とか、「体調悪いので湯あたりしそう」とか、本当のことは ...

    2019/09/03

    温泉旅行

  • No Image

    温泉旅行と生理その2

    学校の保健体育で、お風呂に浸かっている際は、血液が流れ出ることはないと習いました。ですから、湯船の中では大丈夫だと思いますが、湯船から一歩出てしまえばわかりませ ...

    2019/09/03

    温泉旅行

  • No Image

    温泉旅行と生理その3

    あらかじめ、タンポンを使用していて、そのままお風呂場に行くのでしたらよいですが、脱衣所では生理であることは他の人にはわからないほうがよいです。生理の方が温泉に入 ...

    2019/09/03

    温泉旅行

  • No Image

    温泉旅行なら近場の湯河原その6

    また、温泉旅行だけでなく、ちょっとドライブがてらに、温泉を楽しむなんてことも良いですよね。温泉旅行と言うと、どうしても準備や予約などが面倒に思えますが、近場でし ...

    2019/09/03

    温泉旅行

トラックバック
トラックバックURL