温泉ホテル・旅館検索トップページ

温泉旅行のマナー

Pocket

みなさんは、よく温泉旅行に出かけますか?
温泉旅行に出かけなくても、最近ではスーパー銭湯などでも、ちょっとした温泉気分が味わえますよね。
温泉にしても、公共のお風呂にしても、大勢の人が利用する場所ですから、自宅のように好き勝手にお風呂に入るわけには行きませんよね。
みなさんが、快適で、気分良く入浴できるよう、最低限のマナーは、各自が守らなければなりません。
昔は銭湯などに通うこともありましたが、今のお宅はどこもお風呂がありますので、公共の場のお風呂に入る習慣がありません。
ですから、マナーと言っても、何も知らない人もいらっしゃるでしょう。
お風呂は裸で入るものなので、どうしても各自のマナーが無いと、そこで入浴しているみなさんが、不快な思いをしてしまいます。
マナーとは、「他人に迷惑をかけない」ということなので、難しいことは特別になく、常識的なことばかりです。
さて、最低限のマナーが、ふたつだけあります。
温泉に入る前に、十分に掛け湯をして、体を洗い流すことです。
もちろん、体を洗ってからお風呂に入ることもオッケーです。
洗わなくても、お湯をかけてから湯船に浸かりましょう。
そして、湯船には、持参したタオルを入れないこと。
湯船のお湯をきれいに使うためには、この二つは重要です。
温泉旅行に出かけた先でトイレも入るでしょうし、移動すれば汗もかきますよね。
不潔な体のまま、湯船に飛び込む人がいたら、あなたも不愉快でしょう。
他人にされて嫌なことをしないことがマナーです。

コメントは受け付けていません。